kijidaiji.gif (4946 バイト)

2006年4月配信記事

 

●震災後のまちづくりを考案(4月25日12:00配信)
震災後のまちづくりを考案⇒震災時に備え、被災後の復興に向けた意識を地域全体で共有しておくことを目的に実施された「千寿第五小学校周辺地区復興まちづくり訓練」の活動成果報告会が、22日、同校体育館で開かれた。【クリックして全文へ】
●駿菊師匠らによるお笑い演芸会(4月24日11:20配信)
駿菊師匠らによるお笑い演芸会⇒読売新聞の販売店(YC)が読者サービスとして開いた「チャリティーお笑い演芸会」が4月22日、天空劇場で行われた。【クリックして全文へ】
●「石洞美術館」オープン(4月21日17:50配信)
「石洞美術館」オープン⇒18日、千住橋戸町に六角形銅板葺きのとんがり屋根が目印の「石洞(せきどう)美術館」が開館した。【クリックして全文へ】
●大雨でも安心〜毛長橋の架替完了(4月19日18:30 配信)
架け替えられた毛長橋⇒足立区と草加市の県境を流れる毛長川に架かる「毛長橋」の架替工事が完了し、4月22日に完成式典・親柱除幕式が行われた。今までは桁が低く、毛長川の増水時に流水の阻害となっていた。【クリックして全文へ】
●理容組合が区と災害時協定(4月19日15:20配信)
理容組合が区と災害時協定⇒18日、足立区は、東京都理容生活衛生同業組合足立支部および同千住支部と災害時における理容サービス提供に関する協定を結んだ。都内23区では荒川、台東に次ぐ。【クリックして全文へ】
●都市農で春を満喫(4月17日20:00配信)
都市農で春を満喫⇒都市農業公園で16日、毎年恒例の「春の花まつり」が行われ、多くの人でにぎわった。園内には遅咲きの八重桜や、色鮮やかなチューリップなどが咲き競い、来場者は春の醍醐味を堪能した。【クリックして全文へ】
●関水が「おさかな教室」開く(4月17日20:00配信)
関水が「おさかな教室」開く⇒魚について正しい知識と調理法を学んでもらおうと、関東水産物商業協同組合が15日、「おさかな教室」を開いた。区民など約20人が参加し、スルメイカの塩辛や、アジのつみれ汁づくりなどに挑戦した。【クリックして全文へ】
●50回目のアトリウムコンサート(4月14日16:20配信)
50回目のアトリウムコンサート⇒足立区教育委員会では庁舎1階アトリウムで「アトリウムコンサート」を開いている。昼下がりのひととき、来庁者の耳を楽しませて50回目となった11日は、ミュージカル「銀河鉄道の夜」挿入歌等が披露された。【クリックして全文へ】
●子育ての思い伝えるコンサート(4月13日13:30配信)
子育ての思い伝えるコンサート⇒9日、声楽家の田口太美さんが「シアター・バピロンの流れのほとりにて」で、子育てで休止していた活動を再開した。題して「田口太美 1st Concert」。娘の保育園仲間もママと一緒に参加して静かに聴き入った。【クリックして全文へ】
●観音寺、改築終える(4月12日18:50配信)
観音寺、改築終える⇒綾瀬4丁目の観音寺が、開創400年を迎えるにあたり、記念事業として本殿および客殿の改築を行った。昨年度末をもって竣工となり、落慶讃法要が9日、しめやかに営まれた。【クリックして全文へ】
●鹿浜小で親子交通安全大会(4月11日19:10配信)
鹿浜小で親子交通安全大会⇒全国いっせい実施中の春の交通安全運動にあわせて、西新井警察署が11日、鹿浜小学校で「新入学児童親子交通安全大会」を行った。活動範囲が広がる子どもたちの交通安全意識を高め、悲惨な事故を未然に防ぐことがねらい。【クリックして全文へ】
●シンボルツリーは「高砂桜」(4月10日12:40配信)
シンボルツリーは「高砂桜」⇒足立1丁目の三立駐車場隣接地に、「たかさご友遊児童遊園」が開園した。8日、約350人の地域の人たちが見守るなかで開園式が行われた。【クリックして全文へ】
●興本扇学園で開設式(4月10日12:40配信)
興本扇学園で開設式⇒足立区初の小中一貫教育校となった「興本扇学園」では6日、同日行われる小学校入学式に先立ち、午前中に開設式が挙行された。【クリックして全文へ】
●千住から事故がサル!?(4月6日18:30配信)
千住から事故がサル!?⇒子どもたちに正しい交通マナーを身につけてもらおうと、千住警察署が4月6日、管内の千寿本町小学校で交通安全教室を開いた。「千住から事故がサル(去る)」と引っかけて、猿の曲芸を活用しながら、入学式を終えたばかりの新1年生らを対象に交通安全の大切さを説いた。【クリックして全文へ】
●梅田上町自治会に初のプチテラス(4月5日13:30配信)
梅田上町自治会に初のプチテラス⇒2日、梅田上町プチテラスがオープンした。同自治会地域では初の「公園」となり、まちの人たちの喜びはいっそうだ。園内には、当時梅田堀といわれたこの地域に江戸中期に建立された道標や災害設備が設置された。【クリックして全文へ】
●ツクシを横目に歩く、歩く(4月5日13:30配信)
ツクシを横目に歩く、歩く⇒春の訪れを感じながら荒川河川敷を歩こうと、「リバーサイドウォーキング」が2日、催された。虹の広場から都市農業公園までの約8kmのコースを、元気な子どもたちや中高年者など400人が歩いた。【クリックして全文へ】

 

 

daiji_copy.gif (15503 バイト)
トップへ戻る