千住地区ニュース一覧へ

  次へ

大切な文化財を守ろう〜千住神社で消防演習 (2015/01/26)




 1月26日、千住神社(千住宮元町)で消防演習が行われた。これは1月26日の「文化財防火デー」に合わせて千住消防署管内で実施されたもので、25日には柳原稲荷神社(柳原2丁目)でも行われている。

 千住神社では、地震により工事中の社務所から出火、本殿へ延焼の恐れがあるという想定で、防災ボランティアによる初期消火、119番通報とあわせて神社が有する区の有形文化財に見立てた箱が運び出された。その後、駆けつけた消防団、消防隊が一斉放水した。

 終了後、鈴木孝治署長は「昨年は自然災害の多い年でした。『備えあれば憂いなし』の心構えとともに地域の安心・安全につくしたい」と話した。

 「文化財防火デー」は、1949年1月26日、世界最古の木造建造物である法隆寺金堂の火災で壁画が焼失してしまったことから、貴重な文化財を後世に引き継いでいこうと1955年の同じ日に定められた。

(写真上)迫力ある一斉放水
(写真下)文化財を手早く慎重に運び出す

写真をクリックすると拡大します。

 

  次へ


ページトップへ