西新井・江北地区ニュース一覧へ

  次へ

世代を越えて地域の交流を広げよう!〜第11地区町自連ふれあいコンサート (2014/09/24)




 秋分の日の9月23日、区役所の庁舎ホールで第11地区町会・自治会連合会(洞庭護会長)主催の「第1回ふれあいコンサート」が開催された。

 最初に主催者挨拶や来賓の挨拶・紹介が行われ、つづいて地域の小中学校の演奏などが披露された。梅島第一小学校金管バンドクラブは、人気バンドSEKAI NO OWARIの「RPG」や「『ルパン3世』のテーマ」、入部時に必ず練習するという「聖者の行進」を披露。軽快ではつらつとした音が会場を包んだ。第四中学校吹奏楽部は、夏の吹奏楽コンクールの課題曲と自由曲を厚みのある音で演奏したあと、「『アナと雪の女王』よりシンフォニック・ハイライト」や女子部員が振り付けも披露した「恋するフォーチュンクッキー」、「風になりたい」など、世代を超えて人気のある楽曲で会場を盛り上げた。

 また、第11地区在住の榎本二実子氏(ソプラノ)はこの日のためにと、チェロ・ハープ・ヴァイオリン・ソプラノの音楽家の友人たちとagreable(アグレアーブル)を結成。クラシックやオペラの名曲を披露したあと、最後の全員斉唱「翼をください」でも演奏に参加した。

 主催の第11地区町会・自治会連合会は、島根・梅島・梅島栄・梅島二丁目東・中央本町一丁目・中央本町栄の6町会と、中央本町弥生・島根第二都住・島根四丁目住宅・島根四丁目第三・島根六月の5自治会から構成されている。このコンサートは、世代を超えた地域の交流と、町会自治会への加入促進を目的に、今回初めて開催されたもの。ホール前のホワイエでは、いくつかの町会・自治会の活動もパネル展示され、休憩時間や終了時には来場者へ向けて加入を呼びかけていた。この日は400人以上が来場し、ホールは満席、予備椅子を用意しても立ち見が出るほどの盛況となった。

(写真上)会場中で楽しんだ「恋する〜」
(写真下)「アヴェ・マリア」を披露

写真をクリックすると拡大します。

 

  次へ


ページトップへ