六町・花畑地区ニュース一覧へ

  次へ

聖風会が創立60周年記念式典開催 職員ら215人が祝う (2015/06/08)




 社会福祉法人聖風会(近藤明理事長)の創立60周年記念式典ならびに祝賀会が6月6日、日暮里のホテルラングウッドで開催された。

 第一部の式典で近藤理事長は「福祉事業も、特別養護老人ホーム、介護保険へと大きく変わってきた。そうした中で、この60年間少しはお役に立てたかなと思っています。法人に対する考え方も変わってくるなど、これからも問題は山積みですが、職員とともにこれからも頑張っていきたい」とあいさつした。このあと感謝状が同法人の役員ら5人に贈呈された。中でも、1970年から45年間勤めている盛崎きく子さんには会場から大きな拍手が送られた。

 第二部では近藤常博常務理事が、60周年記念事業として2016年8月オープン予定の新施設についてスクリーンを使い説明。また、新施設の正式名称「花畑あすか苑」を発表するとともに、法人本部の確立、新広報誌の発行、新ユニフォームなどについても話した。

 来会者は215人だったが、近藤理事長の「ここまできたのも、職員皆が一生懸命にやってくれたお蔭」という意向で、約8割が施設で働いている職員たちを招待した。

 聖風会は、1954年8月に施設建設に着手。同年12月に社会福祉法人の認可を受け発足した。翌55年1月に生活保護施設「足立養老院」の事業を開始。64年には足立養老院を「足立老人ホーム」と改称した。現在は、足立、荒川、台東区の3区に特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、グループホーム、ケアマネジメントセンターなど30か所を運営している。また、各区から包括支援センターの委託を受け運営している。


(写真上)挨拶する近藤理事長
(写真下)田子榮一監事の音頭で乾杯

写真をクリックすると拡大します。

 

  次へ


ページトップへ