六町・花畑地区ニュース一覧へ

  次へ

トールペイントと押絵の空間を満喫 5日まで (2014/04/04)




 リフォーム&リサイクル「アクリルトールペイントを楽しむ」が六町ミュージアム・フローラ2階(六町2−5−35)で開催され大勢の来場者でにぎわっている。主催はオーマスリーベ(新倉妙子代表)。

 会場には、トールペイントが施されたイス、テーブル、ティッシュボックス、ラックなど様々なものが展示され、落ち着いた雰囲気の空間を作り出している。中でも、トールペイントされた下駄を孟宗竹で作ったオブジェに飾り付けた作品は一見の価値あり。

 また、ゆうかり手芸も共同出品している。布の押絵のタペストリーには北村孝徳氏の書が添えられ、一体感のある作品展示となっている。他にも、飛騨高山の「猿ぼぼ」のぬいぐるみや「兜」などの作品も楽しめる。また、会場にはテーブルが置かれ、希望者は「ふくろう」のぬいぐるみ作りが無料体験できる。

 この展示会は、4月6日(土)まで。11時〜17時(入館は16時30分まで)。入場無料。ただし入館料(大人300円)、学生・生徒200円)は別途必要。



(写真上)素敵なトールペイントが施された作品が並ぶ
(写真中)孟宗竹のオブジェにはトールペイントされた下駄が飾られている
(写真下)無料体験のぬいぐるみ作り。壁にはタペストリーの作品が

写真をクリックすると拡大します。

 

  次へ


ページトップへ