風ぐるま 〜 足立よみうり新聞スタッフブログ 〜 一覧へ

  • 2014/09/06
  • これでは…
 先日取材に行った公園で初めて知った。

 一見すると土があり、草花樹木が植えられ、区民の癒しの場所になっていると思っていた。ところが、大樹が枯れているのに気づき聞いてみると「実は…表面の10センチか20センチぐらいまでが土で、その下は『ガラ』ばかりなんです」という回答。

 なるほど、それでは木が大きくなると根が張れず立ち枯れするのも当たり前だと思った。根を張る草花もしかりだろう。これではいくらきれいな花や木をを植えても大きくなればなるほどだめになってしまう。

 そういえば、数十年前に記念樹の植樹式を取材したが、その記念樹も今は根元から切られていた。やはり数年前に枯れてしまったということだった。

  次へ


ページトップへ